誰でもわかる生命保険講座
ファイナンシャルプランナー無料相談
96%の人が大満足!
FPがあなたに合った
保険プランを提案します。

生命保険の役割としくみ
生命保険って何?
生命保険のしくみ 
生命保険と住宅ローン
生命保険に加入する目的 
預貯金と生命保険の違い

主役の保険とオプション
死亡保険とは
生存保険とは
生死混合保険とは
特約とは

加入前に知っておきたい
加入前のチェック項目
生命保険で配当金?
若くして保険に加入すると得?
保険会社の安全性を調べる
告知義務を怠ると大惨事
生命保険の支払い方法
お得な保険料の支払い方
保険金の受取人
保障開始日を確認する
加入した保険を理解する
保険約款とは
契約をキャンセルするとき
保険金を受け取る時の書類

保険料を1割安くする
保険内容を見直す
抱き合わせ商品に気をつけろ
自分に必要な保障を選ぶ
死亡保障額を設定する
医療保障を選ぶポイント
通販保険の注意点

得する生命保険と税金
生命保険控除とは
満期保険金を受け取った時
死亡保険金を受け取った時

生命保険と住宅ローン



生命保険と住宅ローンはよく似た商品だと言えます。

例えば、住宅ローンの場合、家を購入する事が目的で
銀行などから融資を受けるわけですが、仮にこの方法を使わず、
20年、30年自分でお金を貯金して家を購入する場合、
購入までに莫大な時間が掛かってしまいます。

またその間にも物価や土地の値段が上昇する恐れだってあるのです。
ですからほとんどの人が家を購入する場合は
銀行などから多額の融資を受け、そしてまず家を購入してから
借りたお金を毎月少しづづ返済していくのです。

生命保険も実は似たようなところがあります。
それが保障です。

万が一のときを考えて少しづつ貯金をするのも一つの方法ですが、
例えば、一家の大黒柱に不幸が起きたとき、
残された家族はその後の生活がとても厳しくなり、
仮に小さな子供がいた場合、その子供が成人になるまでに、
約1000万〜1500万のお金が必要だと言われています。

そういったお金を何十年も掛けて貯金するのはとても
効率が悪く、時間が掛かり過ぎて、最悪一年後に不幸が襲ってきたら
目も当てられません。

そう言った不安を解消するのが生命保険の保障なのです。
例えば3000万、5000万の保障を手元に確保して、
それから少しづつと安心を確保した代償として、
保険料を支払っていくのです。

どうですか?生命保険と住宅ローンは何となく似た感じですよね。
どちらも先に欲しいものを手に入れてその後から少しづつお金を
支払っていくのですから。


←トップページに戻る ▲このページの上に戻る 次のページへ進む→

【免責事項】当サイトは信頼できる情報をもとに作成していますが、最終的な判断はご自身でお願い致します。
また、当サイトを閲覧、利用した事により、損害、損失、被害等あっても、当サイトは一切の責任を負いません
当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2005-2006 誰でもわかる生命保険講座 All rights reserved

【URL】 http://fit-hoken.com/ 【お問い合わせ】 管理人に連絡