誰でもわかる生命保険講座
ファイナンシャルプランナー無料相談
96%の人が大満足!
FPがあなたに合った
保険プランを提案します。

生命保険の役割としくみ
生命保険って何?
生命保険のしくみ 
生命保険と住宅ローン
生命保険に加入する目的 
預貯金と生命保険の違い

主役の保険とオプション
死亡保険とは
生存保険とは
生死混合保険とは
特約とは

加入前に知っておきたい
加入前のチェック項目
生命保険で配当金?
若くして保険に加入すると得?
保険会社の安全性を調べる
告知義務を怠ると大惨事
生命保険の支払い方法
お得な保険料の支払い方
保険金の受取人
保障開始日を確認する
加入した保険を理解する
保険約款とは
契約をキャンセルするとき
保険金を受け取る時の書類

保険料を1割安くする
保険内容を見直す
抱き合わせ商品に気をつけろ
自分に必要な保障を選ぶ
死亡保障額を設定する
医療保障を選ぶポイント
通販保険の注意点

得する生命保険と税金
生命保険控除とは
満期保険金を受け取った時
死亡保険金を受け取った時

預貯金と生命保険の違い



一般的に広く知られている預貯金は
銀行、または郵便局にお金を預けることで貯蓄性には
富んでいます。

自分のお金を下ろしたときにいつでも元本と利息が付いて
預金者の元へと返ってきます。
これが預貯金の最大のメリットだと思います。

だた2005年4月よりペイオフが解禁となり
金融機関が破綻したときのリスクを理解しておく事が重要です。

預貯金の期間は半年、1年と比較的に短い契約内容に対して
生命保険は10年、死ぬまで契約するといった長期的なものが
多くあります。

例えば1年後に車の車検がある場合、預貯金でお金を貯めて
リスクを回避するのは賢い方法だと思いますが、
一家の大黒柱の夫が亡くなったときのことを考えて預貯金をするのは
現実的ではないように思います。

例えば夫に先立たれた専業主婦と小さな子供1人が
生命保険に加入していなくて、今後生活していくと仮定したとき
子供が成人になるまで約1500万〜2000万のお金が必要に
なってきます。

現実的に考えてこれだけのお金を一般サラリーマン家庭が
預貯金だけで蓄えるのはとても厳しいものがあります。

それとは対照的に生命保険に賢く加入すれば
毎月の少ない掛け金で万が一のときも3000万〜5000万といった
保険金をもらう事ができるのです。

リスクの日が想定できさらに経済的な損失が小さいときは
預貯金の方が優れていますが、リスクがいつ訪れるか想定できず、
経済的な損失が計り知れなく大きい場合は生命保険の方が
優れています。


←トップページに戻る ▲このページの上に戻る

【免責事項】当サイトは信頼できる情報をもとに作成していますが、最終的な判断はご自身でお願い致します。
また、当サイトを閲覧、利用した事により、損害、損失、被害等あっても、当サイトは一切の責任を負いません
当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2005-2006 誰でもわかる生命保険講座 All rights reserved

【URL】 http://fit-hoken.com/ 【お問い合わせ】 管理人に連絡