誰でもわかる生命保険講座
保険見直しなら保険ゲート
85%の人が大満足!
FPがあなたに合った
保険プランを提案します。
保険の無料相談GATEはココ

生命保険の役割としくみ
生命保険って何?
生命保険のしくみ 
生命保険と住宅ローン
生命保険に加入する目的 
預貯金と生命保険の違い

主役の保険とオプション
死亡保険とは
生存保険とは
生死混合保険とは
特約とは

加入前に知っておきたい
加入前のチェック項目
生命保険で配当金?
若くして保険に加入すると得?
保険会社の安全性を調べる
告知義務を怠ると大惨事
生命保険の支払い方法
お得な保険料の支払い方
保険金の受取人
保障開始日を確認する
加入した保険を理解する
保険約款とは
契約をキャンセルするとき
保険金を受け取る時の書類

保険料を1割安くする
保険内容を見直す
抱き合わせ商品に気をつけろ
自分に必要な保障を選ぶ
死亡保障額を設定する
医療保障を選ぶポイント
通販保険の注意点

得する生命保険と税金
生命保険控除とは
満期保険金を受け取った時
死亡保険金を受け取った時

死亡保障額を設定する



死亡保障額を設定すると言っても、自分に合った基準と言うのは
なかなか分からないものです。
各自のライフプランや価値観で保障額は大きく変わってきます。

そこで目安となる考え方を参考までに紹介しておきますので、
各自のご家庭で参考にして、
より綿密な金額を算出するのに役立ててください。

死亡保障額=死亡後に必要となるお金−死亡後の収入

死亡後に必要となるお金は、葬儀代、遺族の生活費、
こどもの教育資金、不測の事態の時の資金などが挙げられます。
また家の改装など、今後予想される事態に備えて、
少し高めに設定しておくといいかもしれません。

次に死亡後の収入は遺族年金、死亡退職金、現在の貯蓄、
その他の保険などが挙げれます。
例えば夫が死亡した後、妻がパートで年間100万円ほど
稼ぐ場合5年で500万の収入が見込まれ、
その分、死亡保障額を少なく設定できる可能性があります。

具体的に数字を出して考えると、より現実味を帯びた保障額が
設定出きるはずです。
後々の事を考えて、しっかり計算しましょう。


■知らなかったでは済まない!生命保険の加入はプロに相談!

保険のプロFPによる生命保険、医療保険の見直しサイト


保険のプロ、ファイナンシャルプランナーがあなたに合った
保険を提案!無料相談で、今の保険を見直しましょう!

相談された85%の人が大満足と答えています。

生命保険、医療保険の見直しなら保険相談GATEへ



←トップページに戻る ▲このページの上に戻る 次のページへ進む→
【免責事項】当サイトは信頼できる情報をもとに作成していますが、最終的な判断はご自身でお願い致します。
また、当サイトを閲覧、利用した事により、損害、損失、被害等あっても、当サイトは一切の責任を負いません
当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2005-2006 誰でもわかる生命保険講座 All rights reserved

【URL】 http://fit-hoken.com/ 【お問い合わせ】 管理人に連絡