誰でもわかる生命保険講座
ファイナンシャルプランナー無料相談
96%の人が大満足!
FPがあなたに合った
保険プランを提案します。

生命保険の役割としくみ
生命保険って何?
生命保険のしくみ 
生命保険と住宅ローン
生命保険に加入する目的 
預貯金と生命保険の違い

主役の保険とオプション
死亡保険とは
生存保険とは
生死混合保険とは
特約とは

加入前に知っておきたい
加入前のチェック項目
生命保険で配当金?
若くして保険に加入すると得?
保険会社の安全性を調べる
告知義務を怠ると大惨事
生命保険の支払い方法
お得な保険料の支払い方
保険金の受取人
保障開始日を確認する
加入した保険を理解する
保険約款とは
契約をキャンセルするとき
保険金を受け取る時の書類

保険料を1割安くする
保険内容を見直す
抱き合わせ商品に気をつけろ
自分に必要な保障を選ぶ
死亡保障額を設定する
医療保障を選ぶポイント
通販保険の注意点

得する生命保険と税金
生命保険控除とは
満期保険金を受け取った時
死亡保険金を受け取った時

若くして保険に加入すると得?



よく保険外交員の人が「若いうちに保険に加入すれば、保険料が
安く済みますよ。」って言いますが、実際はどうなんでしょうか?

確かに保険料金を見ると40代より、20代の方が保険料は安く済み、
保障もバッチリなので文句はないのですが、
よく考えてみると当たり前のことだと言うのが分かります。

例えば50代後半と20代後半の男性を比べたとき、保険会社としては
どちらの方が保険金、また給付金を支払う可能性が高いでしょうか?
保険会社からしてみれば、若いうちは大きな病気に掛かる
リスクも少ない分、保険金や給付金を支払うリスクが少なく済みます。

逆に50代後半を20代と比べると病気にも掛かり易く、
保険金や給付金を支払うリスクは高くなるはずです。

リスクが高いところには高い保険料をもらい、リスクが低いところ
には安い保険料をもらっているだけなのです。

ただ終身型のような保険の場合は、若い時に保険に加入すれば
同じ保険でも支払う保険料が安く済む場合があります。


←トップページに戻る ▲このページの上に戻る 次のページへ進む→

【免責事項】当サイトは信頼できる情報をもとに作成していますが、最終的な判断はご自身でお願い致します。
また、当サイトを閲覧、利用した事により、損害、損失、被害等あっても、当サイトは一切の責任を負いません
当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2005-2006 誰でもわかる生命保険講座 All rights reserved

【URL】 http://fit-hoken.com/ 【お問い合わせ】 管理人に連絡