誰でもわかる生命保険講座
ファイナンシャルプランナー無料相談
96%の人が大満足!
FPがあなたに合った
保険プランを提案します。

生命保険の役割としくみ
生命保険って何?
生命保険のしくみ 
生命保険と住宅ローン
生命保険に加入する目的 
預貯金と生命保険の違い

主役の保険とオプション
死亡保険とは
生存保険とは
生死混合保険とは
特約とは

加入前に知っておきたい
加入前のチェック項目
生命保険で配当金?
若くして保険に加入すると得?
保険会社の安全性を調べる
告知義務を怠ると大惨事
生命保険の支払い方法
お得な保険料の支払い方
保険金の受取人
保障開始日を確認する
加入した保険を理解する
保険約款とは
契約をキャンセルするとき
保険金を受け取る時の書類

保険料を1割安くする
保険内容を見直す
抱き合わせ商品に気をつけろ
自分に必要な保障を選ぶ
死亡保障額を設定する
医療保障を選ぶポイント
通販保険の注意点

得する生命保険と税金
生命保険控除とは
満期保険金を受け取った時
死亡保険金を受け取った時

生命保険控除とは



生命保険と損害保険には、税制上の優遇措置が受けられ、
所得税、住民税が安くなります。

生命保険控除は生命保険料の控除と、
個人年金保険料の控除の二つがあり、生保と年金の合計で、
所得税が10万円、住民税が7万円ほど最大で安くなります。

またサラリーマン、OLの場合は、年末調整で、自営業の人は確定申告で
控除を受けることが出来ますが、保険料控除証明書と言う
書類が必要になります。

この保険料控除証明書と言うのは、保険会社が10月か11月頃
送ってきますので、大切に保管しておいてください。

生命保険控除の計算方法を紹介しておきます。
また控除を受ける年に、剰余金や割戻金を受けた場合は
その分を保険料から引いて、計算してください。


所得税における所得控除の計算方法
生命保険料のみの支払い 【所得税】
生命保険料のみ 支払い保険料 控除額
25.000円以下 支払い保険料全額
25.000円以上
50.000円未満
支払い保険料の
÷2+12.500円
50.000円以上
100.000円未満
支払った保険料の
÷4+25.000円
100.000円以上 50.000円

例)
1月〜12月までの保険料支払い金額が60.000円の場合は
60.000÷4=15.000円、これに25.000円を足して
40.000円が控除金額となります。

また個人年金保険料のみの支払いの場合も、上の計算方法で
控除金額が計算できます。


次に住民税における所得控除の計算方法です。
生命保険料のみの支払い 【住民税】
生命保険料のみ 支払い保険料 控除額
15.000円以下 支払い保険料全額
15.000円以上
40.000円未満
支払い保険料の
÷2+7.500円
40.000円以上
70.000円未満
支払い保険料の
÷4+17.500円
70.000円以上 35.000円

例)
支払い保険料が60.000円の場合
60.000÷4=15.000円、これに17.500円を足して
32.500円が控除金額となります。

また個人年金保険料のみの支払いの場合も、上の計算方法で
控除金額が計算できます。

生保と年金、二つの保険料の支払いがある場合は、
合計で所得税で10万円、住民税で7万円の控除が受けられます。


←トップページに戻る ▲このページの上に戻る 次のページへ進む→

【免責事項】当サイトは信頼できる情報をもとに作成していますが、最終的な判断はご自身でお願い致します。
また、当サイトを閲覧、利用した事により、損害、損失、被害等あっても、当サイトは一切の責任を負いません
当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2005-2006 誰でもわかる生命保険講座 All rights reserved

【URL】 http://fit-hoken.com/ 【お問い合わせ】 管理人に連絡